【挿絵】「小学館世界J文学館」小学館

「小学館世界J文学館」小学館

編集委員:浅田次郎・角野栄子・金原瑞人・さくまゆみこ・沼野充義
編集顧問:野上 暁
装画:福田利之
装幀・アートディレクション:城所潤
編集:塚原伸郎 他
出版社:小学館
発行日:2022年11月27日
価格:¥5,500 (税込)
A4判

☆オランダの作家の『カトーレンの王』(作・ヤン テルラウ / 訳・西村由美)の挿絵9点と、ジョージアの作家の『サラムラの冒険』(作・アルチル スラカウリ / 訳・児島康宏)の挿絵8点を担当しました。

― 小学館創立100周年の機に贈る、まったく新しいタイプの「世界文学全集」。1冊の名作図鑑(紙の本)を購入することで、125冊の世界名作を電子書籍として読むことができます。本文音声読み上げ機能もあり、色々な形で楽しめます。ぜひ書店にてお手に取りくださいませ。

小学館世界J文学館 特設Website

【キャラクターデザイン/イラスト】 コニカミノルタプラネタリウム「猫星夜 -ある日の星空のおはなし-」

「猫星夜 -ある日の星空のおはなし-」コニカミノルタプラネタリウム
 
上映:2022年2月4日(金) 〜
会場:プラネタリアTOKYO(有楽町)
   プラネタリウム満天(池袋)
   プラネタリウム天空(押上)
 
☆『猫星夜』オリジナル「豆皿プレゼント」キャンペーン第3弾を、2022年9月9日より開催。   — 豆皿の第3弾も、かわいい “ある日の猫” デザインで仕上がっています!各館先着100名(合計300名)、なくなり次第終了。また、ケーキ皿・タオルハンカチ限定色(ブラウン)が新たなグッズに追加されました。
 

​《マタタビアロマ香るヒーリングプラネタリウム》
本作は、ある日出会った猫に導かれ辿り着いた森で不思議な星空を体験する癒しのプラネタリウム作品です。都会では見ることが出来ない天の川や、めったに出会えない流れ星、目立たなく紹介されることが少ない星座や、今はもう無くなってしまった幻の星座「ねこ座」も紹介します。上映中に香るオリジナルアロマは、マタタビをミックスした猫森香(ねこもりこう)と、プニプニとした肉球をイメージした優しい甘さの肉球香(にくきゅうこう)。魅力的な香り漂う空間で、特別な星空を一緒に楽しみませんか?

声の出演:櫻井孝宏さん(ある日の猫役)​・松岡禎丞さん(語り)
キャラクターデザイン・イラスト:にしざかひろみ
音楽:moshimoss​(モシモス)

コニカミノルタプラネタリウムWebsite
「猫星夜」告知映像

【キャラクターデザイン/イラスト】 コニカミノルタプラネタリウム「猫星夜 -ある日の星空のおはなし-」

「猫星夜 -ある日の星空のおはなし-」コニカミノルタプラネタリウム
 
上映:2022年2月4日(金) 〜
会場:プラネタリアTOKYO(有楽町)
   プラネタリウム満天(池袋)
   プラネタリウム天空(押上)
 
☆『猫星夜』オリジナル「豆皿プレゼント」キャンペーン第2弾を、2022年5月28日より開催。   — 豆皿の第2弾は、星を見つめる“ある日の猫”のデザイン。各館先着100名(合計300名)、なくなり次第終了。また、オリジナルマグカップ・ビニールポーチ・タオルハンカチ限定色(グレー)が新たなグッズに追加されました。
 

​《マタタビアロマ香るヒーリングプラネタリウム》
本作は、ある日出会った猫に導かれ辿り着いた森で不思議な星空を体験する癒しのプラネタリウム作品です。都会では見ることが出来ない天の川や、めったに出会えない流れ星、目立たなく紹介されることが少ない星座や、今はもう無くなってしまった幻の星座「ねこ座」も紹介します。上映中に香るオリジナルアロマは、マタタビをミックスした猫森香(ねこもりこう)と、プニプニとした肉球をイメージした優しい甘さの肉球香(にくきゅうこう)。魅力的な香り漂う空間で、特別な星空を一緒に楽しみませんか?

声の出演:櫻井孝宏さん(ある日の猫役)​・松岡禎丞さん(語り)
キャラクターデザイン・イラスト:にしざかひろみ
音楽:moshimoss​(モシモス)

コニカミノルタプラネタリウムWebsite
「猫星夜」告知映像

【装画・挿絵】「なんで信長はお城を建てたの?」新泉社

「なんで信長はお城を建てたの?」新泉社

発行日:2022年5月9日
著者:畑中英二
画:にしざかひろみ
出版社:株式会社新泉社​
四六判

☆装画と挿絵あわせて24点の絵を担当いたしました。5月2日発売です!

———————
部活に入るでもなく、なんとなく中学生活を送る中学1年生のホタカ。お父さんに勧められて、夏休みに一人でお城を巡る小旅行をし始めます。初めは気乗りがしなかったお城巡りも、お城に詳しい“先達”に案内されるうちに、自分なりの楽しみ方を持ち始めるホタカ。そして安土城の発掘体験を経て、どんどんお城の沼にハマっていきます。お城の魅力にハマる大人たちに出会うたび、ホタカのお城を見る目が変わっていきますが、お城について知れば知るほど、なんで織田信長は安土城を建てたのかという疑問が湧いてきました。近世城郭のはじまりと言われる安土城、世界遺産の姫路城、謎がいっぱいの甲賀の小城……など、「お城」のはじまりを探しにホタカと一緒に旅に出かけましょう。— 新泉社Websiteより

新泉社 Website
amazon

【キャラクターデザイン/イラスト】 コニカミノルタプラネタリウム「猫星夜 -ある日の星空のおはなし-」

コニカミノルタプラネタリウム「猫星夜 -ある日の星空のおはなし-」

上映:2022年2月4日(金)~
会場:プラネタリアTOKYO(有楽町)
   プラネタリウム満天(池袋)
   プラネタリウム天空(押上)

☆イラストとキャラクターデザイン、グッズデザインを担当いたしました。

​《マタタビアロマ香るヒーリングプラネタリウム》
本作は、ある日出会った猫に導かれ辿り着いた森で不思議な星空を体験する癒しのプラネタリウム作品です。都会では見ることが出来ない天の川や、めったに出会えない流れ星、目立たなく紹介されることが少ない星座や、今はもう無くなってしまった幻の星座「ねこ座」も紹介します。上映中に香るオリジナルアロマは、マタタビをミックスした猫森香(ねこもりこう)と、プニプニとした肉球をイメージした優しい甘さの肉球香(にくきゅうこう)。魅力的な香り漂う空間で、特別な星空を一緒に楽しみませんか?

声の出演:櫻井孝宏さん(ある日の猫役)​・松岡禎丞さん(語り)
キャラクターデザイン・イラスト:にしざかひろみ
音楽:moshimoss​(モシモス)

コニカミノルタプラネタリウムWebsite
「猫星夜」告知映像​​​​​​​

【NEWS】2022年 新年

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

【挿絵】「絡まり合う生命 人間を超えた人類学」亜紀書房

「絡まり合う生命 人間を超えた人類学」亜紀書房

発行日:2022年1月8日
著者:奥野克巳
本文イラスト:にしざかひろみ
出版社:株式会社亜紀書房​
四六判

☆新規挿絵4点と以前に描いたものを6点(同著者の書籍にて使用)の、あわせて10点の挿絵を掲載していただきました。

———————
もうすぐ絶滅する人類のために
――ボルネオの森から、多種的世界とアニミズムを経て、「生命とは何か」という根源的な問いへ。 世界の覇者を自認してあらゆるものを食い尽くし、絶滅の淵に立つ人類に、世界観の更新を迫る、壮大な「来たるべき人類学」の構想。— 亜紀書房Websiteより

亜紀書房 Website
amazon​​

【装画・挿絵】 「ジークメーア1・小箱の銀の狼」偕成社

9月1日(水)刊行!

「ジークメーア 小箱の銀の狼」
作:斉藤洋
絵:にしざかひろみ
出版社:偕成社
四六判

ジークメーアは、ザクセン公国の北のはずれ、北海に面する洞窟の中で母親とくらしている。泳ぎがうまく、夜でももののかたちがはっきりとわかり、半弓の技にたけていた。
ある夜、村をおそった海賊とたたかう百人隊長・ランスを助けたことから、ジークメーアの運命は大きく動きはじめる。母の言葉に導かれ、12歳になる年、ジークメーアはランスとともに旅に出る。旅の目的は、邪悪な魔神をあやつり、ヨーロッパを征服しようとしている隣国・フランク王国の企みを阻むこと。そのためにはまず、古くから伝わる『マーリンの書』に書かれた「小箱の銀の狼」を手に入れる必要があるという……。

中世ヨーロッパを舞台に、さまざまな敵と対峙しながらたくましく成長する少年のすがたを描く。斉藤洋の冒険ファンタジー、新シリーズ第1弾。 — 偕成社Websiteより

偕成社Website​​

【挿絵】NHK Eテレ「おはなしのくに・シンデレラ」( グリム童話 )

NHK Eテレ「おはなしのくに・シンデレラ」( グリム童話 )

明日海りお ×「シンデレラ」( グリム童話 )
放送予定:2021年2月1日(月) 午前9:05 ~ 9:15
再放送:2021年2月8日(月) 午前9:05 ~ 9:15

☆物語イラストと舞台セットイラストを担当いたしました。

元宝塚歌劇団トップスターの明日海りおさんが、「シンデレラ」物語を一人芝居で演じる贅沢でとっても素敵な回です。番組の公式サイトでも公開しています。ぜひご高覧下さい。

NHK Eテレ「おはなしのくに」website

【装画・挿絵】 「みんな みんな おやすみなさい」あすなろ書房

2020年7月17日刊行!

「みんな みんな おやすみなさい」
文:いまむらあしこ
絵:にしざかひろみ
出版社:あすなろ書房
サイズ:18×17.7cm

幼い子どもたちに向けた、おやすみなさいの絵本。子ひつじたちも、ふくろうたちも、子うさぎたちも、だんだん眠くなってきた。人間の子どもたちも、楽しい夢見てぐっすり眠れ。 —あすなろ書房Websiteより

あすなろ書房Website​​
amazon